*

デヴィッドボウイの身長?死去!死因!がん!家族!妻!目?映画?代表曲!オッドアイ?

デヴィッドボウイの身長?死去!死因!がん!家族!妻!目?映画?代表曲!オッドアイ?

引用元:http://jp.blouinartinfo.com/

デビッドボウイさんの良く検索されるキーワード

身長死去死因がん家族

失明オッドアイ、

最新アルバムは、ブラックスター

映画代表曲レッツダンスLet’s Dance)

などデビッドボウイを調査しました。

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

デビッドボウイの身長は?

デビッドボウイのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:David Robert Hayward-Jones(デビッドロバート.ヘイワードジョーンズ)

出身地:イングランド出身

身長・体重: 178㎝・非公開

年齢:享年69歳(2016年1月10日没)

生年月日:1947年1月8日

血液型:?型

高校:ブロムリーテクニカルHigh School中退

就職:広告代理店で働くが、音楽活動をしていたので

半年で退社。

 

ヴィッドボウイが、正しい書き方なのですが、

あえて検索が多いデビッドボウイで書かせて

いただきますね。

 

デビッドボウイが死去!死因はがん?家族は?

デビッドボウイの突然の訃報を聞き驚きました。

2016年1月10日にがん死去されたそうです。

 

デビッドボウイは、母が再婚してデビッドボウイ

父親となったヘイウッドからプレゼントされた、

 

サックスで、音楽に興味を持ち始めて13歳から

ロニーロスの師事を受ける。

 

もし母親が、ヘイウッドと再婚しなければマルチミュージシャン

デビッドボウイには、出会えなかったかもしれないですね。

 

父親となったヘイウッドには、二人の連れ子が居て

デビッドボウイに兄と、姉が出来ます。

 

仲が良く兄の影響で、小説を読むようになり芸術に目覚める

ようになります。

 

大好きだった兄は、精神を病み自殺をはかり悲しい思いを

デビッドボウイは経験します。

 

デビッドボウイは目を失明でオッドアイ?

学生時代には、好きな彼女を巡り、友人と喧嘩しを失明を

してしまい、左右のの色が違っていました。

 

片目がブルーの虹彩異色症(オッドアイ)と言うそうです。

 

失明したは、瞳孔が開いてしまっていて、

黒目のような色になるそうです。

 

見えるは、瞳孔が閉まっているので、ブルーのような

色になり、の色が左右違って見えるようですね。

 

最新アルバムは、ブラックスター!

デビッドボウイは、2016年1月8日の誕生日にアルバムを

リリースしたばかりでした。

 

アルバム名は、「ブラックスター」(Blackstar)です。

 

David Bowie’s final photographsデビッドボウイ最後の写真

撮影は、デビッドボウイと長年コラボレートしてきたカメラマンの

ジミーキングという方が担当したそうです。

 

最後のデビッドボウイ画像は⇒こちら

 

David Bowie Isデビッドボウイ イズ)2013年の作品

イギリスの国立博物館であるビクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で

 

2013年3月23日~8月11日に開催され、同博物館史上もっともチケットが入手困難に

なったと言われるデビッド・ボウイの大規模回顧展「David Bowie is」の

 

クロージングナイトを収録したドキュメンタリー。V&Aのキュレーター、

ビクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュが、ボウイのステージ衣装や

 

創作メモといった貴重な展示品についてのストーリーを明かしたほか、

スペシャルゲストとして登壇した山本寛斎らがボウイとの秘話を語った

特別な一夜の模様を記録した。

デビッドボウイの映画ラビリンス!

ラビリンス魔王の迷宮(Labyrinth)1986年に公開された映画

魔王ジャレス役に、デビッドボウイ

 

サラ役には、ジェニファーコネリー(ヒロイン)

歌も、デビッドボウイです。

 

あらすじ

15歳のサラは多感な空想の世界に遊ぶのが大好きな少女。継母と実父が

外出するために、異母弟・トビーの子守りを任されたサラはなかなか

泣き止まないトビーにうんざりして、愛読書に登場するおまじないを叫んでしまう。

 

「お願い、今すぐこの子をどこかへ連れ去って」。サラに興味を抱いていた

ゴブリンの魔王・ジャレスは、サラの言葉を真に受け、弟のトビーをジャレスの

支配するゴブリンの世界「ラビリンス」にさらってしまった。

 

そして弟を返してと懇願するサラに対し、13時間以内に迷宮を抜けて自分の城まで

到着するという試練を与える。13時間以内にトビーを連れ戻さなければ、

トビーはジャレスの力でゴブリンに変えられてしまう。

 

サラはトビーを救うため、不思議な迷宮世界ラビリンスへと向かう。

(制作はアメリカ)

 

デビッドボウイの役(魔王ジャレス)

ゴブリンの世界を支配する王。他のゴブリンとは違って容姿は人間に近く、

長い金髪を持つ男性の姿をしている。物語冒頭でサラの「本当の願い」と

 

「弟を連れ去って」という呟きを聞き、トビーを自分の城へ連れ去るが、

サラに弟を帰して欲しいと懇願されたため、サラに迷宮を13時間以内に

抜けるという試練を課す。

 

水晶玉を媒介にして様々な魔法を操れるほか、白いフクロウに変身できる。

デビッド・ボウイはヘンソン社の前作「ダーククリスタル」のファンであったため、

 

ラビリンス」への出演依頼を快諾。多くの挿入曲を提供すると共に、

魔王ジャレスの性格付けにも多大な貢献をしている。

 

デビッドボウイ代表曲

デビッドボウイの代表作のひとつ

シギ―スターダスト1972年にリリースされた5枚目のアルバム

全米アルバムチャート5位

 

デビッドボウイ レッツダンス(Let’s Dance)

デビッドボウイ14枚目のアルバム、1983年の4月にリリース

ナイルロジャースと共同プロデュースした作品。

 

このレッツダンスが、全米1位になったのがきっかけで、

カルトスターから、ロックスターへ転身する。

 

デビッドボウイ日本での活動

1973年に6か所でツアー公演

1978年に4か所でツアー公演

 

1983年に6か所でツアー公演

1990年に東京ドームで公演

 

1992年に10か所で公演

1996年に6か所で公演

 

2004年に2か所の公演が最後に

 

1983年に大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」に出演。

デビッドボウイは、英軍少佐の役で出演。

 

他には、ビートたけしさん、坂本龍一さん、内田裕也さん他が出演

されていました。

 

この映画は、第二次世界大戦を描いた映画でしたが戦闘シーンが

一切ないものでした。

 

デビッドボウイ病気療養

2003年にアルバムリアリティの発売後大きなツアーを開始

ハンブルクのツアー中に、動脈瘤による胸部の痛みを訴えツアーは、

 

急遽中止に、2004年に「ネヴァーゲットオールド」のリリースから

2013年までリリースをしていなかった。

 

この頃から体調が良くなかったようですね。

 

デビッドボウイの妻は?結婚、家族について!

1970年 最初の結婚

は、元モデルのメアリーアンジェラ―バーネットと結婚

10年後に離婚、二人の間に誕生した子供は、

 

映画監督のダンカン ジョーンズ

ダンカンジョーンズ(1971年5月30日生まれ)2016年1月現在44歳

 

親権は、デビッドボウイが取っていた。

 

1993年 二度目の結婚

はモデルのイマン・モハメド・アブドゥルマジド(ソマリアのスーパーモデル)

1955年7月25日生まれ(2016年1月現在で60歳)

 

イマンは、元バスケット選手と結婚していて子供が一人いますが、親権が

どちらが取ったのかがわかりませんでした。

 

2000年にデビッドボウイ子供が誕生、娘の名前は

(アレクサンドリア・ザーラ・ジョーンズ)現在は、16歳くらいですね。

 

イマンは、最後まで夫(デビッドボウイ)を介護し看取りデビッドボウイは、

幸せな最期をとげたようですね、まだ若すぎる気がして残念です。

 

日本のファンも多く、芸能界からも悲しみの声が多かったようです。

XジャパンのYOSHIKIさんは、「You were my hero…」とコメント

されています。

 

13日福岡でのライブで、「Life On Mars?」をデビッドボウイ

捧げる事を約束しているそうです。

 

YOSHIKIさんは⇒こちら

 

映画「戦場のメリークリスマス」で共演した坂本龍一さん(63)は、

悲報をロサンゼルスで聞き、「信じられない」とコメント

されたそうです。

 

戦場のメリークリスマスの監督をした大島渚さんの奥様

小山明子さん(80)は、「信じられない まだ若いのに」とコメント

 

されています。小山明子さんは、デビッドボウイは、明るく気さくな

方という印象が強かったとも話されています。

 

大物なのに皆に優しく気遣いが出来る方で愛されていた方というのが

よくわかりますね。

 

ご冥福をお祈りします。

1 >>次のページヘ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑